2010年04月20日

「平日デート」は難しい? =国会答弁「政」に改善要請−財務省(時事通信)

 財務省は19日、縦割り意識や省益優先などの弊害を改めるための財務省改革案を公表した。菅財務相は常態化している長時間勤務を改め、平日にデートができる勤務形態を確立するように指示していたが、改革案では未明にまで及ぶ国会答弁の準備作業の改善は「行政府のみでは対応できない」と指摘。政治サイドに質問通告期限の徹底などを要請した。
 改革案は省内の公募で選ばれた中堅・若手職員20人のプロジェクトチーム(PT)がまとめた。「平日デート」実現については、「財務省職員たる者、いざとなれば寝食を忘れてやる高い志を持たなければならない」とも強調し、長時間勤務の意義を否定はしなかった。 

<大学>審議会に11年度10校の設置認可を諮問 文科省(毎日新聞)
<火山噴火>降灰、日本には届かず 健康への影響限定的か(毎日新聞)
イチネンHD、黒田会長が退任へ(レスポンス)
期限切れ新型ワクチン捨てられず…予算なく、いまだ保管中(産経新聞)
<火山噴火>ミラノ便が出発 成田(毎日新聞)
posted by ツカダ ヨシアキ at 12:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。