2010年05月28日

原口総務相 「宝くじ存続へ全力挙げ改革」(毎日新聞)

 原口一博総務相は25日午前の閣議後会見で、行政刷新会議が21日の事業仕分けで宝くじ関連法人への天下りや高額報酬を指摘し、改善されるまで宝くじの発行停止を求めたことについて、「しっかりと改善し、宝くじをやめるなんてことにならないよう全力を挙げて改革に取り組む」と述べた。

 原口氏は、天下り廃止や事業の効率化に取り組む考えを表明。「国民は大変楽しみにしている。地方にとっても大変な財源。指摘されたところを精査して、早急に(改革する)」と述べた。【笈田直樹】

【関連ニュース】
<関連記事>事業仕分け:無駄改善できるまで宝くじ「発売禁止を」
<関連記事>宝くじ:収益が天下り法人に 年360億円超
<関連記事>ドリームジャンボ:発売始まる 銀座では300人が列
<関連記事>ドリームジャンボ:発売 名古屋駅前には100人が列
<特集>見逃してませんか? 宝くじ当選番号

会話優しく中身は厳しい…船橋市債権回収チーム(読売新聞)
【合縁奇縁】編集委員・岡部伸 「現代の明石元二郎」(産経新聞)
献血啓発の補助金を不正受給 大阪の2市(産経新聞)
自民が官房長官に対北朝鮮対応で申し入れ (産経新聞)
パー券を府工事受注業者が斡旋 橋下知事「小学以来の友人」(産経新聞)
posted by ツカダ ヨシアキ at 16:55| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。